« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

-哀惜- 美宇

 
 
 
猫家 美宇
 
2018年 9月12日の早朝に
美宇さんが虹の橋のたもとへ 旅立ちました。
 
  享年10歳
 
 
201108310239
 
 
猫家創業時のメンバーの一員である、美宇。
 
 
控えめでおとなしい 小さな女の子でした。
 
 
_mg_9872_2
 
 
Dsc_0492
 
 
名前を呼ぶと、かわいい声で 「 ミゥ~ 」 と返事をしてくれます。
それが彼女の名前の由来です。
 
 
200812200160
 
 
猫はもともと砂漠の生き物といわれており、
少ない水分摂取を有効に使うような身体になっています。
ですから腎臓を酷使することになり、それが弱点となります。
 
 
P2190296
 
 
 
美宇は慢性腎不全になりました。
 
 
一度ダメになった腎細胞は再生しないので
治癒することはできません。
 
腎臓の負担を和らげるために背中の皮膚から皮下点滴をして
強制的に生理食塩水を身体に入れてあげると、
老廃物が薄まって吐き気や倦怠感が楽になります。
 
 
200908180104
 
 
200908180103
 
 
毎日元気にしていた美宇でしたから
気づく方はほとんどいなかったと思いますが、
 
じつは
慢性腎不全と診断されてから、2年以上にわたって
お店のバックヤードで皮下点滴を続けてきました。
 
最初は週に2回、
 
その後1日おきになり
 
最後の半年は毎日でした。
 
 
200902220250
 
 
毎日毎日の点滴は、きっと美宇にとって
つらいことだった と思います。
よく頑張りました。
 
そして、毎日それを行なってきたスタッフさん達も
つらかったと思います。
美宇と同じ痛みを 毎回味わっていたと・・・ 。
 
美宇が死の前日まで、まったく普通に元気に過ごせたのは
スタッフさん達の頑張りのおかげです。
 
美宇もきっと感謝していると思います。
 
 
P1840920
※ いつかジジの役をやって欲しい という私の夢を叶えてくれた美宇。
 
 
 
何度経験しても
お別れは、つらくて寂しいです。
 
 
美宇ちんも、
先に逝った猫さんたちといっしょに、
虹の橋のたもとで 私たちを待っていてください。
 
201009040111
 
201009040117
 
 
いなくなった今でも、
 
彼女の名前を呼ぶと 「 ミゥ~ 」 と
かわいい声で応えてくれる気がしてなりません。
 
 
200812200006
 
 
さよなら ミゥ。 また会えるよね・・・
 
 
 
 
 
【 生前に美宇を愛してくださった皆さま 】
 
美宇は、先に逝った猫さんたちと一緒に
猫家の仏壇に安置いたします。
お店にいらした際には、スタッフにお声がけくださいませ。
 
 
 
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »